Archive | 8月 2016

タンスや引き出しに眠る商品券

金欠で、現金がない、もうどうしようもない、というときに、使えるのがギフトやお祝いなどでもらった商品券です。

商品券そのものが使えるのは一部百貨店などに限られますが、金券ショップに売ることで現金に変えることができます。

少しの額が引かれますが、商品券のままで持っているよりも現金に変えたほうが汎用性などを考えればずっと効率的です。

「せっかくいただいた商品券なのに」「これは私のお祝いとしていただいたものなのに」という躊躇いもあるかもしれません。しかし、商品券のままタンスの奥で眠らせておくよりも、現金化して有効活用してもらえるほうが贈った方も商品券も幸せだと思います。

「これはいざというときのために使いたい」と思うかもしれません。しかし、金欠の今こそが「いざというとき」です。

金券ショップというのは独特の雰囲気で、初めて入る人は少し勇気が必要かもしれません。しかし、入ってしまえば、確かに雰囲気は独特ですが、怖くはありません。基本的にカウンターでのやり取りになります。少し宝くじ売り場に似ているかもしれません。

悪びれることはありません。その商品券はあなたが譲り受けた、正真正銘のあなたの財産です。ぜひ、有効活用してください。即日融資 審査 甘い

私の給料日前(金欠時)の対処方

うちは毎月給料日1~2週間前くらいになると金欠になり、家族3人で1日500円の食費で済まさなければならなくなります。計画的に使っているつもりなのですが、ふいに病院にかかったり、子供の学校関係の出費があったりとアクシデントが起こるとたちまち計画は崩れ、お金がなくなってしまいます。それで、使えるお金が限られてしまうのです。そうなるとまず、冷蔵庫の中の食料を確認します。私はあまり冷凍保存などをしないタイプなのですが、意外と工夫すれば冷蔵庫にあるものだけで3日くらいは食べられます。それからの買い出しはすごくシビアで、卵は毎週決まった曜日に安売りするので、その時意外は買わない、牛乳は賞味期限間近の値下げシールのついた物しか買わない、肉は主に挽肉を使う、もやし、人参、大根などの使い回しが効いて安い野菜を買う、パスタは激安で売っている店があるのでそこで購入しフル活用(米の節約になります)、お茶は自分で沸かす(茶葉は激安店で買う)、など徹底して不必要な物を買わないようにします。あとは、ポイントカードの活用です。給料日前まで徹底して一つの店に絞ってポイントを貯め、苦しくなったらそのポイントを使って買い物をします。どうあがいてもないものはないのだから、なんとかやりくりするしかありません。それでも家族になるべくひもじい思いをさせないように、毎日メニューを工夫して、おなかいっぱいおいしい物が食べられるように頑張っています。金欠の時は底値買いをする努力と、いろんな料理を考えるアイディアで乗り切っています。即日キャッシング 無審査