長期的には円安になるのか

株をやるようになって、やっと経済ニュースが何を言っているのか、少しずつわかるようになってきました。

最近の日経平均は、世界のどこかで何かしらのリスクが高まると、リスクオフから円高になり、株価が下がります。

リスクオフは発端となるイベントが明確にあるので、円高の進むスピードは非常に早くなってると感じます。

反面、リスクオンの場合、明確なイベントに乏しく、市場参加者も恐る恐るリスクを取りにいっている印象です。

目先の相場は、そういった思惑に振り回されながら右往左往していますが、少し落ち着いて考えたとき、中長期的には円安方向に傾いていくと思ってます。

理由は幾つかありますが、大きく2つの要素があります。

1つ目は、解決策の見えない少子高齢化の進行です。
生産人口の減少と、非生産人口の増加は日本社会が構造的にパンクすることひ如実に物語っています。

2つ目に、日本国の借金問題です。
年々増え続ける借金に、ついにはヘリコプターマネーなるものまで議論されるようになりました。

上記理由は、日本の国力が大きく低下することを語っており、その国に通貨である円の価値も大きく低下すると考えられます。

実際、超円安になれば、現在抱える借金は目減りすることになり、政府としてはありがたい話です。

日本が倒産するくらいなら、ハイパーインフレで超円安、借金帳消という方法を取らざるを得なくなると思います。

全くもって怖い話です。お金を借りるとき!あなたが知らない3つのポイント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です