タンスや引き出しに眠る商品券

金欠で、現金がない、もうどうしようもない、というときに、使えるのがギフトやお祝いなどでもらった商品券です。

商品券そのものが使えるのは一部百貨店などに限られますが、金券ショップに売ることで現金に変えることができます。

少しの額が引かれますが、商品券のままで持っているよりも現金に変えたほうが汎用性などを考えればずっと効率的です。

「せっかくいただいた商品券なのに」「これは私のお祝いとしていただいたものなのに」という躊躇いもあるかもしれません。しかし、商品券のままタンスの奥で眠らせておくよりも、現金化して有効活用してもらえるほうが贈った方も商品券も幸せだと思います。

「これはいざというときのために使いたい」と思うかもしれません。しかし、金欠の今こそが「いざというとき」です。

金券ショップというのは独特の雰囲気で、初めて入る人は少し勇気が必要かもしれません。しかし、入ってしまえば、確かに雰囲気は独特ですが、怖くはありません。基本的にカウンターでのやり取りになります。少し宝くじ売り場に似ているかもしれません。

悪びれることはありません。その商品券はあなたが譲り受けた、正真正銘のあなたの財産です。ぜひ、有効活用してください。即日融資 審査 甘い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です